excitemusic

写真集
by arukedoiwanai
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
elouacel
by varcnolata at 02:21
nice site. f..
by Jordan at 03:28
芸能人のマル秘DVDなら..
by オシエモン at 19:27
都会にいたら同じような高..
by とおりすがりますよ at 19:05
サイは重戦車みたいに迫力..
by arukedoiwanai at 03:26
本当にカメラ目線ですね!..
by sirokuma-panda at 13:33
イスラムもまた、ある意味..
by arukedoiwanai at 02:14
男だらけとは・・・。耳に..
by sirokuma-panda at 14:14
これはチョルテンと言って..
by arukedoiwanai at 04:27
写真に写っている、白くそ..
by sirokuma-panda at 20:01
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ネパール・カトマンドゥ

群衆の中のアンタッチャブル

a0049822_310161.jpg


インドと比べ、この国のカースト制度は比較的緩やかである。
農村に行けば、ほとんど差別は見られない。
しかし都会ではそうは行かない。
中でもカースト外の人々、所謂アンタッチャブルの人々の生涯は、
インドのアンタッチャブルと変わらず辛苦に満ちている。
彼らは生涯、道端に転がり続ける。
それ以外の生涯を選べないし、そもそも知りもしない。

今少女は何かに怒っている。
しかしその怒りをぶつけるべき対象は、小さな彼女にとって余りに大きすぎる物。
彼女はやがて諦め、そしてその怒りを忘れるだろう。
そしてただ死を待ちながら、生き続けるだろう。
幸せな来世だけを夢見ながら。
[PR]
# by arukedoiwanai | 2005-11-18 03:22 | 南アジア

ケニア・ナクル湖(2)

カメラ目線のシロサイ

a0049822_2602.jpg


絶滅危惧種のシロサイはひどく臆病である。
優れた嗅覚で人間の存在を察知すると、
その方向を見つめたままピクリとも動かなくなる。
一歩でも近づくと、背中を向けて一目散。
[PR]
# by arukedoiwanai | 2005-11-15 02:12 | アフリカ

パキスタン・チトラール

男だらけのムスリム祭り

a0049822_4134799.jpg


その日その街では、祭りが行われていた。
馬術大会、ポロ、綱引き。大勢の人々がそこに集まり、大いに盛り上がる。
しかしここは厳格なイスラムの国。
女は家からほとんど出ない、必然的に観客は全て男。
そこにいるのは、何百人の男。
見渡す限りの男、耳に響く男の歓声。
ただひたすら、男、男、男・・・・。
[PR]
# by arukedoiwanai | 2005-11-14 04:25 | 南アジア

チベット高原(2)

標高5000メートルの祈り

a0049822_1239979.jpg


標高5000メートルを越えるその土地を、
トラックの荷台で、大勢の巡礼者に囲まれながら旅した。
連日の移動、薄い空気、粗食、野宿、全てがひどく辛かった。
そんな私の傍らで、巡礼者達はいつもひどく陽気だった。
笑い、はしゃぎ、歌い、そして祈る。
[PR]
# by arukedoiwanai | 2005-11-13 12:56 | 東アジア

インド・カルカッタ

雨季の始まり。

a0049822_111439.jpg


カルカッタの街の下水状況は最悪である。
雨季になる度に下水が氾濫し、やがて道を水没させる。
カルカッタの雨季は人々を憂鬱にする。
[PR]
# by arukedoiwanai | 2005-11-10 01:06 | 南アジア

パキスタン・フンザ(2)

風の谷の母猫はいつも物憂げ

a0049822_1195238.jpg


私はこの小さな村に滞在している間、
いつも三匹の子猫と遊んでいた。
母猫はそんな私達をよそ目に、
いつも遠くの渓谷を眺めていた。
[PR]
# by arukedoiwanai | 2005-11-09 01:22 | 南アジア

トルコ・イスタンブール

バザールにて。

a0049822_0212583.jpg



店先に吊るされた、売り物の人形。
暗がりで見たら、私は泣き出す自信がある。
[PR]
# by arukedoiwanai | 2005-11-06 00:25 | 中東

インド・バラナシ

聖なるドブ河。

a0049822_1202869.jpg


ガンジス川はひどく汚い。
その大きく深い河にはすべての物が流される。
糞尿、生ゴミ、工場廃水、牛の死体、人の死体、そして人々の祈り。
聖も俗もない、全ての現実をただ飲み込んで、河は流れている。
[PR]
# by arukedoiwanai | 2005-11-05 01:31 | 南アジア

ケニア・マサイマラ(2)

カバの昼寝。

a0049822_0413943.jpg


昼間のカバは本当にやる気がない。
河原に数十頭が集まりただ昼寝、皆身じろぎ一つしない。
すぐ傍らでは鰐が大きな牙をむいて食事中、
それでもカバはただひたすら昼寝中。
[PR]
# by arukedoiwanai | 2005-11-04 00:51 | アフリカ

インド

工事中。

a0049822_1174519.jpg


神の乗り物と崇められ、
ひねもす道端で寝転がる牛とは対照的に、
この国では象は重要な労働力である。

時折ノラ象に出くわしたりもする。
[PR]
# by arukedoiwanai | 2005-11-03 01:22 | 南アジア